実際に起こりうる!?美人と不美人の生涯収入の格差

女性とお金(札束)画像
女性の間では、美人は得だといわれています。なぜ美人が得かといえば、まず異性にもてるからです。異性にモテることのメリットの一つは、結婚相手に困らないことと言えます。多くの女性は、どのような結婚相手がよいのか迷いときには結婚する時期すら逃してしまうこともあります。ところが、見た目の良い人は常に異性がちらほらしてくれるため結婚相手に困ることはありません。

生まれつきの美人といえども、見た目を維持するのは本人の努力になりますので、本人から言わせれば「自分は努力したので異性からモテるのは当然の結果」と考えているかもしれません。ただそういっても、生まれつきの才能のようなものがありその才能をうまく利用して世渡りをしていく点においては、ほかの人になかなかまねできないものといえるでしょう。
美人になると、生涯賃金にも大きな格差が生まれます。いわゆる美貌格差と呼ばれるものが存在しています。極端な話ですが、芸能人などがこれにあたるでしょう。芸能人は見た目が良いだけで一般人の何十倍もの収入を得ることができています。普通の会社でも、美人の方が社長にもてはやされ出世するのも早い傾向があります。
ただ、最終的には見た目だけの判断ではなく能力の判断も関係ありますので、必ずしも美人だからといって人生が決まってしまうわけではないことを頭に入れておくべきです。

関連する記事