妻から夫に向ける”したいとき”サインのアピール方法


夫としたいけど妻からは言い出せないというケースは多いでしょう。言葉でハッキリと言える関係なら理想ですが、それが難しいときはサインでアピールするしかありません。よく行われるのはさりげないボディタッチで、普段あまりタッチをしなければ相手は感づいてくれるでしょう。普段とは異なる行動・雰囲気を醸し出すことが大切なわけです。後ろから抱きついたり、胸を軽く押し付けたりするサインもおすすめです。触るのが恥ずかしいなら、視線を合わせてみるのもよいでしょう。目は口ほどにモノを言うと言われていますので、何度も合わせていれば気持ちが伝わるはずです。

露出度の高いファッションを選ぶ方法もあり、成功率はかなり高くなります。男性にも性欲の波はありますが、基本的に年間を通していつでもOKです。女性から誘えばその気になってくれることは多いので試してみる価値はあります。相手の太ももに触れるなどの動作は、夫にしたいと気づかせることができるでしょう。男性のボディに触れるという行為は、相手をその気にすることが多いです。ただいつもボディタッチを当たり前のように行っていれば、気づいてもらうのは難しいかもしれません。そうした場合はさりげなく夫にしたいと伝えるのもありでしょう。

男性をその気にさせるテクニックは数多くありますが、相手によって効果的な方法は変わってきます。夫としたいときは、どのようにアピールすれば効果的なのか色々と試してみましょう。相手が疲れているときは避けたほうがいい場合もありますが、疲れているときのほうが性欲が増すという男性はいます。夫は何も言ってこなくても、実はしたいと思っている可能性もあります。たまには妻から誘ってほしいと考えているかもしれないので、数回に1回は誘うのは大いにありでしょう。ただあからさまにアピールすると下品だと思われることもあるので、さりげなく誘うのがコツです。

夫が変化に敏感ならばメイクを少し濃くしてみるのも手です。特に口紅を赤系にすることで、効果的にアピールすることができます。赤は動物の世界で発情の色と言われていますが、これは人間にも当てはまることです。いつもよりメイクを濃くするだけで、アピールに気づいてくれる男性は少なくありません。夫の性癖どおりに人妻のパンティ姿でサインを出せますのでここはよく調べておきましょう。どのような下着が好きなのか把握しておく、どんなシチュエーションで誘われることが多いかチェックしておく、などの工夫が必要かもしれません。