「貯金があるケチ男」vs「気前がいい借金男」男女が必ず通るお金の価値観バトル


結婚相手を選ぶ場合には、金持ち男と貧乏男のどちらかがよいかといえば、ほとんどの人は金持ち男を選ぶでしょう。わざわざ貧乏男を選ぶ理由はほとんどありません。もちろん貧乏男でも、ほかに魅力があり結婚相手としてふさわしいならば選ぶ人がいるかもしれません。ですが表面的な条件としては金持ちを選ぶのが基本です。

しかし、世の中はそれほど単純なものではありません。一見貧乏そうな人でも気前がいい人も存在しています。例えば、すぐにおごってくれたり何でも購入してくれたりするため貧乏な者もいるわけです。これは単に、収入が低いのではなく人にあげてしまったために貧乏な状態が続いていることを意味しています。

その一方で、金持で貯金があるけども、けちな男も存在しないわけではありません。たくさんお金を持っているくせに、割り勘を要求してくる分にはまだよいですが、\1単位で割り勘にしようとする人も少なくないわけです。このような状態のときには、いったいどちらが結婚相手にふさわしいのでしょうか。

基本的に、将来的なことを考えるならば気前がいい借金男つまり貧乏男を選ぶ必要があります。

なぜかといえば、誰かに何かを買ってあげたりものをあげてしまう男の特徴は、多くの徳を積んでいるとも言いかえられます。今の段階では貧乏に感じるかもしれませんが、将来的にはその人は多くのお金を残す可能性があるでしょう。

逆に、けちな男はあまり魅力がありません。なぜなら、のことではなく自分のことしか考えていないからです。言い換えれば、けちな男とは器が小さな男とも言い換えられるわけです。

そのような男は、将来的に出世をするかといえばやはり厳しいといえます。また、つながりもあまりない可能性が高いためいざという時にだれかが助けてくれるかといえばやはり助けてくれない可能性の方が大きいでしょう。

せっかく結婚するならば、単に今の持ち金を考えるのではなく将来どのようにその人が成長していくかも計算にいれておきましょう。