40代女性、独身/夫婦/専業主婦/シングルマザー-の平均貯金額


40代女性の平均貯蓄額といっても、生活環境によってもその平均値は大きく異なるでしょう。独身の人もいれば家庭を持っている人、シングルマザーなど様々で、家庭を持っている人でも専業主婦なのか共働きなのかによっても大きく異なります。また働いている場合には役職についているのか、都市部に勤めているのか、地方に努めているのかなど、考えるときりがないほどその条件は多岐にわたるといえます。

40代の独身の女性の平均貯蓄額は、1000万円に手が届く人が多く見られます。近年では晩婚化も進んでいるため、40代で結婚することも珍しくない状況です。そのため結婚資金としてお金をためている人も多いことでしょう。反対に結婚をあきらめていたとしても、自分の老後の資金としてお金をためているケースも多く見られます。

実家暮らしともなれば、かなりの額をためることができます。40代の夫婦の平均金額としては、共働きなのが専業主婦なのかにより異なります。40代ともなると子供にもだんだん手がかからなくなってくるので、仕事を始める人も増え共働きの割合は増加傾向にあります。月々の貯金額はおおよその場合4から8万円ほどで、子供がいない夫婦であれば月に10万円以上貯金できる人も多いでしょう。

世帯の平均は700万円、中央値は220万円となり、20代や30代の夫婦世帯とはそれほど変わりはありません。最後にシングルマザーの場合です。近年ではシングルマザーの家庭も増えてきていますが、公的制度などを利用することで助成金などを受けとることもできます。しかし一人で子供を育てながら仕事をすることはなかなか大変なので、助成金をもらっていても毎月の家計が苦しい人が多いものです。

40代にもなるとある程度貯金があるのではないかと思う人が多いかもしれませんが、実は40代の4人に1人が貯金がないという報告がなされています。一言で40代といっても人によって貯金額はさまざまあることがわかります。貯金ももちろん大切ですが、日々の生活を充実したものにすることはもっと大きな意味をもつということです。