高齢化社会の今、60代・70代以上の性欲はどうなっているのか?


高齢化社会と聞いて女性の皆さんはどんなことを思われますか?「まだ高齢じゃないし…」と無関心だったりせませんか?まあ、若い女性はそうかもしれませんが中高年の女性は無関心ではいられませんよね?親が高齢でしょうし、自分もすぐ高齢者になってしまう年代ですから。ここでは高齢者の性欲について話したいと思います。

まず高齢化の進行具合を示す言葉として、高齢化社会、高齢社会、超高齢社会というのがあることを知っていますか?65歳以上の人口が、全人口に対して7%を超えると高齢化社会で、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と呼ばれるんです。日本は1970年にはでに高齢化社会となり、その後も高齢化は進み、1995年に高齢社会、2010年に超高齢社会へと突入。今後も高齢者率は高くなると予測されており、2025年には約30%、2060年には約40%に達するとも言われています。

このように高齢化が進む中、問題になっているのが高齢者の性欲。特に男性の性欲は衰えることなく旺盛。私の周りからもそんな話をよく聞きます。ビデオ店で働いてる友人が70代、80代のご老人がたくさんAVを借りにくるそう。ネット社会の今、若い世代のAV離れが進む反面、ネットが使えないご老人たちがAVをレンタルしているとか。他にもラブホテルや風俗を利用する高齢者も多いそう。こうしたことからもご老人の性欲が落ちてないことを裏付けています。

こうしたことで深刻な問題になっているのが老人ホーム。女性の介護士やヘルパーが高齢者の男性に胸やお尻を触られる、といったことが日常的に行われているとか。本来ならば立派な犯罪ですが、高齢者だから…と大目に見られているのが現実。しかし、中には同じ老人ホームに住む高齢者の女性を無理矢理、犯そうとするといった事案もあるそうです。ここまでくると見逃す訳にはいかないレベルですよね。じゃあ、高齢者の性欲は抑えつけた方がいいのか?しかしがら高齢者が異性とのスキンシップや恋をすることで日常生活動作が向上するとも言われています。

今まで出来なかった移動、食事、入浴といった行動が出来るようになったりするそうです。つまり犯罪にならない程度のスキンシップや恋愛は大事だということです。老人ホームで高齢者同士の恋愛は多いと聞きます。こうした純粋に恋愛してくれればいいですが、女性のヘルパーや介護士で性的欲求を満たそうとするのは許されませんよね。給与面のこともあるでしょうが、こうしたセクハラ的なこともあって介護士、ヘルパーの数も減っています。

その一方で何年か後には超高齢社会を上回るご老人が増えます。高齢の性欲をケアする専用の風俗が必要なのではないでしょうか。障害者専門の風俗があるように。

関連する記事