癒しの出会い、素敵な男性と過ごす時間こそが女として輝き続けられる秘訣


女性が美しく輝き続けるには、素敵な男性との出会い、そして癒されることじゃないかと思います。私は夫も子供もいるアラフォーの専業主婦。毎日、家事を淡々とこなすだけの日々。普段は化粧をすることも無く、買い物に行く時もスッピンにマスク、上下スウェットという完全に女を捨てた、いでたちです。その姿を見た友人が「老け過ぎ!」と注意してくるほど。そんな私を夫は当然、女として見てくれる訳もなく、セックスレスの状態。私自身も女として見られなくてもいい…という完全に終わってるオンナでした…そう、あの出会いがあるまでは。

あることがきっかけで私が近所のコンビニでパートに出ることになったんです。接客業なので、最低限の身だしなみはしました。働き始めて数ヶ月が経ったある日。毎朝、コーヒーやタバコなどを買いにくる常連のサラリーマンの男性(40代)が私に「髪切りました?」って言ってくれたんです。確かに前日、髪を切り、主人なんて気付くことなかったことに、この男性は気付いてくれたんです。「切り過ぎちゃって…」と私が答えると、その男性は「似合ってますよ」と一言。私は瞬時にその男性を好きになってしまったのです。

この日をきっかけに、その男性とは毎朝、会うたびに話をするようになりました。他愛もない話ですが、私にとってはその数秒の会話に癒される、とっても大切な時間になっていったのです。あの人に会いたい、話したい、癒されたい、もっと知りたい、とパートに行くことが楽しみで仕方なくなっていました。そして今までテキトーだった化粧も、ばっちりメイクして、服装も綺麗にして少しでも美しく見られたい、という衝動に駆られ始めていたのです。気になっていたお腹まわりもダイエットして痩せようと努力したり、胸も少しでも大きく見せようとバストアップブラを着けたり、今まで全く無かった美意識が高まったのです。全てはその男性によく見られたい一心で。すると、いつのまにか女らしさを取り戻し、友人からも「綺麗になったね」と言われるようになりました。

毎朝、買い物にくるその男性ともすっかり仲良くはなったものの、連絡先を交換するなどの発展はないまま…。それでも私は満たされています。私を1人の女として見てくれて、接してくれる、その男性と話しているだけで癒されるし、常にドキドキしていられるから。彼のおかげでこうして1人の女性として輝き続けられているのです。もしかすると発展せずに今の関係の方が良いのかもしれません。こうした癒される出会いこそが女性をいつまでも輝き続けさせる秘訣なんだと感じている今日この頃です。

関連する記事