男と女の性に対する意識や考え方違いとは


女性の皆さん、セックスしてますか?頻繁にしてます!という人もご無沙汰…という人もそれぞれでしょう。どちらにせよ、女だって年齢に関係なく、いくつになっても性行為はしたいですよね。でも、これを男性と比較してみたらどうでしょう?性的欲求が強く、セックスしたい、って思う気持ちが強いのは男の方ではないか?

確かにその通りで女性よりも圧倒的に男性の方がエッチをしたがっていることは明白。では、何が違うのか?まあ、男性は子孫を残そうという動物的本能なのか、神様のイタズラで男の方だけ性欲バロメーターを強に設定したのかは分かりませんが、何にしろ男は女性との性交渉を異常に求めます。それは自慰行為もしかり。男性は毎日でもマスターベーションしますが、女は週に一回とか二回程度。「女性オナニーあるある」で言えば生理前にムラムラしてオナニーするという人が多いみたい(逆に生理後がムラムラすら人も)。自慰行為ですからこんなにも差があるです。

ではセックスに対してはどうでしょう。男性の場合、正直なところ相手なんて誰でもいいところがあります。全く好きでもない相手とセックスできますから。もっと言えば相手が可愛い、美人なら当然いきますし、少々ブスでも酔ってたりしたら全然、ヤリますから(言葉が汚くなってスミマセン)。このように男性の場合は見境なく性交してしまうのです。しかも、ムードや雰囲気なんて関係なし。そこにドラマやシチュエーションなんて求めないのが男性。この逆なのが女性ではないでしょうか。

女性の場合、相手のことをある程度、好意を持ってないとしませんよね。男性のように誰とでもヤル訳ではありません(もちろん、そういう女性もいるでしょうが…)。そして女性はセックスまでの雰囲気やムードを大切にする。そこに至るまでの流れやシチュエーションがあってこそ燃え上がる的なことってないですか?そこを無視する男とかウンザリですよ!…すみません、個人的な意見が強く出てしまいました…。

このように男女間でのセックスに対する意識、考え方というのはこうも異なるのです。男も女もセックスは気持ちいい、ということは共通していると思います。ただ、男性からするとセックスは性欲の発散に過ぎないのです。男性というのは頭と下半身は別々な生き物。頭で考えてなくても下半身がムクムクと反対してしまう…というのはよくあること。一方で女性は脳で感じるタイプ。男性とは違い、セックスは愛情と考えるのです。つまり、気持ちいい、絶頂を迎えるのは愛されていることを実感するから。つまり、女性はセックスで愛情を確かめる生き物なんです。この違いだと私は思うのですが、いかがでしょうか。

関連する記事