56歳トップモデルが証明した「若さは美しさ」じゃない!


女性は、いつの年齢になっても美を追求したいものなのです。女性の多くは、美しさとは若さであるという認識を持っています。ですから、大袈裟にアンチエイジングの美容をしている人が数多く存在します。しかし、美しさとは若さではないという認識を持ったモデルがいます。

美しさとは若さではないという認識を持っているモデルは、50代の女性です。その年齢ではトップモデルとされています。しかし、トップモデルと呼ばれていながら、若さへの追求はしていません。年齢相応の美しさを追求しているのです。その女性は40代の頃から美容を本格的に始めました。

年齢相応の美しさ

つまり、若返りではなく、これ以上の老化をできるだけ防ぐという効果を狙ったものです。現在の技術をもってすれば、40代以下の年齢に見えるくらいにまで肌を若返らせ、シワを減らすことが出来るでしょう。しかし、そのようなことはせず、肌は40代の肌をできるだけ長く維持できるように手入れをし、シワを減らすのではなく、増やさないという概念のもとに美容を行っているのです。


そして50代に突入した現在、肌は普段から手入れを行っていますので、肌が急速に劣化することはありません。しかし若返ることもありません。40代のような肌です。シワも減ってはいませんが増えてもいません。本格的に美容を始めてから変わらないようにしているのです。

若さでは出せない大人の魅力

その女性モデルは、50代でありながら、女性としての魅力を放っています。若いモデルでは放つことが出来ない大人の魅力です。清楚で知的な印象の外見からは、静かなオーラが漲っています。若さを求めている人では決して出すことが出来ない大人の魅力です。美しさとは若さであると認識している人に限って、若さを追い求めすぎてしまうが故に、逆に老けて見えてしまう場合もあります。

50代のトップモデルであるその女性は、いつでも自然体な大人の雰囲気を醸し出しています。自然体でいられるのは、不自然に肌年齢を若返らせたり、シワを極端に減らしたり、服装で若作りをしていないからです。このナチュラルな感じが癒しとなって、多くの人から共感を得ているのです。

そのモデルの女性は、若さは美しさではないことを証明しました。美しさとは自然体でいることである、という事を証明したのです。今後も自然体で、ありのままの自分を受け入れながら年齢を重ねていくそのモデルの女性に対し、多くの世の中の女性が共感することでしょう。