ダイエットのための運動は効果なし!論文で知った10のこと


ダイエットをしても40代になるとなかなか痩せないことがあります。運動をすればよいのかな、と感じることもありますが、効果は現れにくいことが多いです。これはダイエットのためにしていえる運動は減量目的になるので、お腹がへってしまい、逆に消費したよりもそれ以上に摂取カロリーが増えてしまう危険性が潜んでいるためです。

ダイエットに関して様々な論文が出ていますが、ダイエット目的で体を動かした場合はなかなか減りにくい、といった研究結果のものも多いです。

運動をしても痩せない原因


まず体重計にのって一喜一憂してはいけないということがあげられます。太っていて体を動かしていればある程度は体重が減ります。ですがきちんと筋トレなどをした場合は減ることはありません。逆に体重は増えてしまいます。この場合は体脂肪率をみるようにしましょう。もし体脂肪率も減っていない時はもう一度生活習慣などを見直す必要があります。
そして、身体のエネルギーの調節機能に変化が生じる、ということがあります。調節機能は代謝の補償とも呼ばれ体に負荷をかければかけるほど体は抵抗をし、体重を減りにくくするのです。つまりもし今後エネルギーが必要になった時のために、脂肪をためておかなくちゃ、と体は防御をしはじめ、守りに入ります。

また、体を動かしてもなかなか減らない場合、エネルギーの消費に上限がありある程度のところまで行くとそれ以上増えないという説もあります。体を動かしてもなかなか痩せないケースも多く、一定量まで行くとそれ以上はどんなに頑張っても無理なことが多いのです。

エネルギー消費の上限

40代は代謝が悪くなってくる時期でもあります。女性であればホルモンのバランスが乱れそれが原因で痩せないことが多いです。また40代でなくても女性は生理周期があり、ホルモンの影響から甘いものを欲しがったりむくみやすくなったりして運動をしても痩せないことがあります。一概に運動をしたからといって痩せると思うのは早合点となるので注意しましょう。

年齢とともに落ちる代謝

食べたら食べた分だけ動けば痩せる、といった言葉もありますが、人や性別、年齢によって異なります。若いうちはどんなに遅い時間に食べても動いていなくても翌日にはすっきりとしていることがありますが、年齢と共にどんどん脂肪は蓄積されてしまうことが多いです。運動をしているからといって油断をしていると内臓に脂肪がつくなど、代謝が悪くなり痩せないきっかけとなるので、注意が必要となります。