女40代から考える仕事のスタンス


大卒や専門卒、高卒などにより若干の差異はあるものの40代は社会に出てからおよそ20年という年月が経過した時期でもあり、キャリアウーマンとしては折り返しのタイミングと言っても過言ではありません。

キャリアウーマンとしての生き方や仕事内容に慣れベテランと呼ばれる域になりつつある一方で、更年期など心身ともに変化が起こりやすい事もあり、20代や30代の頃には意識しなかった事柄とも向き合っていく必要があります。
かつては40代になれば遠くない将来仕事をリタイアし家庭に入る事を現実的に考える方が多かった上、更年期などにより心身に変化が感じられるようになれば尚更でした。

しかし、現代の40代に向けて行われた調査による調査結果によれば、たとえパートナーが大企業に勤めており十分な収入と安定した雇用が約束されていたとしても、働き続けるという声が圧倒的多数派であった事です。

つまり、家庭に入って専業主婦として生きていくのではなく、引き続き社会に出て仕事をし続けたいと考えている方が多いのですが、反面で働き続けたいものの現在の会社や同様の環境で働き続ける事には、疑問や抵抗感を抱いている方が多いのも事実です。

そこで、40代の女性は50代や60代といった年齢になった時の事を見据え広い視野を持って人生設計をするようにしましょう。

これからの40代女性の働き方


40代は社会に出てからおよそ20年という事もあり、仕事において重要なポジションを任せて頂けるようになったり、自分自身が指揮を執る事ができるポジションに就く事ができている事例が多い事から、翌日に会社に行くのが楽しみで仕方がないと感じるほど充実した日々が送れる年代でもあります。

そのように業務が純粋に楽しいと感じられるのであればそのままの状態で突っ走っても構わないのですが、少しでも業務内容によりキャリアを追い求める気持ちがあったり、周囲から一目置かれるようになるという欲が見られる場合は注意が必要です。

純粋な気持ちで業務が楽しいと感じている時には心身に負担はかかりにくいですが、私利私欲が存在していると50代になった時に一気にダメージが来てしまう恐れがあります。

そのため、50代になる前に自分自身としっかりと向き合い、私利私欲のために無理をしていると感じられた時には、キャリアウーマンとしての進路を見直してみるべきです。

実際にこれまでのキャリアウーマンとして培ってきたノウハウや知識、人脈を活かして独立し好きな趣味のみで新たなるビジネスを立ち上げ成功している方は増えてきています。

関連する記事